救急救命講習を開催

高崎センターで検針員を対象に救急救命講習会を開催

令和元年6月24日、高崎センターで検針員を対象とした救急救命講習会を開催しました。
 検針業務中に突然の怪我や病気に襲われるか予測することはできません。また、業務中に市民の方と接する機会も多く、怪我をされている方や緊急を要する方に出くわすことも少なくありません。
 特に心肺停止といった緊急を要する場合は、救急車が到着するまでの“空白の6分間”をその場に居合わせた人(バイスタンダー)による適切な応急処置が速やかに実施されるかが極めて重要とされています。
 有事の際に行動できる従業員を育てることも社会貢献の一つと考え、今後もこうした活動を実施してまいります。

ページの先頭に戻る